見え方2

アフリカの草原と一言で言っても千差万別。

短い草から人の背丈を越えるような藪、

苔のような草地まで色々な草原が存在する。

時にはこんな枯れかけたようなイネ科の植物が生えてる草原もある。

そしてそこにも彼らは住んでいる。

MIYO3105J

写真をとっている場所より緩やかな斜面をライオンが歩いているから背中の一部が見えるが、

平らだったり、立ち位置が逆だったら全くその存在は見えない。

そして1頭なのかと思うと、、、、、

MIYO3100J

見える範囲だけで4頭いた!!

たぶんこの回りにはもっとたくさんいることだろう。

MIYO3125J

そしてこんな感じでご飯が来るのを待っている。

運が悪いと、、、、、、、

掴まって、、、、、、、、

数時間でこんな姿になってしまう。

IMG_0035J

しかしマサイの方々は草原の中を堂々と移動していく。

歩くしか方法が無いから危険を承知なのだろうけど、

ライオンに襲われたという話はほとんど聞かない。

普段からどのあたりがライオンの縄張りなのか知っていて、

見通しの悪いところは近づかないようだし、

視力がいいからはるか彼方からからライオンの存在を見つけて避けているのだ。

MIYO2603J

ある時、すごく遠くからライオンたちが昼寝しているの双眼鏡で眺めていた。

するとそこに向かってマサイが歩いていく。

マサイはライオンの存在に気が付いていないようだ。

するとライオンのほうが先に気が付いて移動し始めた!

野生動物は無用な衝突を避けると言うが、

ライオンはマサイが危険な動物なのを知っているのだ。

家畜を襲った代償として酷い目に遭わされてきた記憶が

DNAにしっかりと埋め込まれているのか!?

自然界には不思議な阿吽の呼吸が存在する。

— posted by maddog at 07:51 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

見え方1

アフリカの草原では何か違和感を感じたら、

それが何か確認するまで動かない方がいい。

たとえばこんな景色。

IMG_9875J

何か薄茶色の岩のような細長いものが見えるだろうか?

何かな~なんて呑気に近づいていくと、、、、、!!!

むっくり起き上がります!!

IMG_9884J

近所のヤクザ猫ににらまれるのとは訳が違う!

IMG_0430

ちなみにこんな感じだとよっぽど近づかないと襲ってくることは無いらしい。

腹がパンパンで満腹だから、もう動きたくもないのです。

IMG_9869J

— posted by maddog at 10:41 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

片山豊さんとフライングフェザー

2月21日に元日産自動車の片山豊さんが105歳でお亡くなりになった。

IMG_1641

フェアレディZの生みの親としてよく知られた方で、

Z33でラリーを走ったオイラとしてみれば少なからず恩恵を受けている。

一度だけインタビューをさせていただいたことがある。

そのテーマは「フェアレディZ]ではなく「フライングフェザー」だ。

このクルマのコンセプトを練ったのが若き日の片山さんなのだ。

_D2D3448

一般的には認知度ゼロのクルマで

軽自動車の歴史においては類まれなる珍車である。

しかし60年前に今をも見据えて生まれたクルマだった。

フェアレディZの話を聞きに来る人は多いだろうが、

フライングフェザーに興味を持って訪ねてくる人は稀なのだろう、

最初は不思議そうな顔をしていたが大いに語ってくれた。

驚いたのは当時98歳だったにもかかわらず、

50年以上前のことをすらすら答えてくれる記憶力の確かさだ。

片山さんはエンジニアではないが企画力の凄さでクルマを生み出した人だ。

フライングフェザーというクルマのコンセプトは

「最小限の消費で最大限の効率」だ。

軽さと抵抗を減らして小さなエンジンで走らせる。

このことを追求したパッケージがこの姿だ。

いま世界中の自動車メーカーがやってることと同じだ。

軽量ボディでダウンサイジングエンジン、その結果の燃費効率。

ある日、会社の屋上でカモメが魚を咥えて飛んでるのを見て、

「魚1匹食ってあんなに軽やかに飛べるなら、効率を追求すれば小さな車も堂々と走るんじゃないか?」

と考いう考えを開発者の富谷龍一氏に話したのがフライングフェザーが生まれるきっかけだったと聞いた。

片山豊さんは発想力の豊かさに敬服。

のんびりお休みください。

— posted by maddog at 11:13 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

地球ゴマ

友人の木野龍逸くんがFBで地球ゴマののことを書いていた。

なんでも作っている会社が職人の高齢化などの理由で春には生産を終了するというのだ。

ちなみに木野くんは「検証 福島原発事故・記者会見――東電・政府は何を隠したのか」という本を出している。

http://www.amazon.co.jp/%E6%A4%9C%E8%A8%BC-%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%83%BB%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%A6%8B%E2%80%95%E2%80%95%E6%9D%B1%E9%9B%BB%E3%83%BB%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%92%E9%9A%A0%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E6%97%A5%E9%9A%85-%E4%B8%80%E9%9B%84/dp/4000246690/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1424425229&sr=1-2Link

原発事故と東電のいい加減さを暴くことをテーマに頑張っているジャーナリストで、

地球ゴマで綱渡りしているぐらい危ないことをことを追及していて、

いつ消されてもおかしくないので皆さんも応援してあげてくださいな(笑)

話は地球ゴマに戻って、、、

懐かしい。

子供の頃、家にあったのは覚えている。

なんかすごく不思議な回り方をしたのと綱渡りさせたのは覚えている。

でも記憶はそこまでだ。

で、急に欲しくなって手に入れた。

IMG_0064

スゴイわ!

アクロバティックな回り方をする。

先日もらったスパイクピンの上で回してみた!

なんで落ちないの!?

IMG_0065

この説明書は初めて見た。

子供のころに読んだ覚えはないな~。

なんか地球ゴマってすごいね。

ジャイロスタビライザーとかオートパイロットの原理だってさ。

確かに手に持って左右にひねると復元力が伝わってくる。

面白くてビュンビュン回してたらやりすぎて紐が切れてしまった!

回り方が素晴らしくスムーズなのにも感動した。

フライホィールみたいに周囲が重い円盤のバランスの良さと、

軸受けメタル構造が良く出来ているんだろうな。

付属の紐でフルに巻いて回すと机の上で楽に7分以上も回るんだよ!

子供の頃に説明書をちゃんと読んでいたら

科学に興味を持って理系に進んでいたかな?なんてちょっと想像した。

ま、算数、苦手だから無理だろうけど。

地球ゴマは間もなく94年の歴史に幕を下ろす。

— posted by maddog at 10:05 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

滑り止め

今の時期に聞くと大学受験の「滑り止め」みたいに聞こえるけど、

ここのところ靴の滑り止めに事ばかり書いていたので、

ちょっとタイヤの滑り止めについて。

雪や氷の道を走るのなら、やはりスタッドレスタイヤがあらゆる面で最高のパフォーマンスを示す。

とくに最近のタイヤの性能は素晴らしく、

4WDでなくてもグングン走って行けるしちゃんと停まれる。

そんなスタッドレスタイヤの中でオイラのおススメは横浜ゴムのiceGUARD 5だ。

DSC_0679

これはiceGUARD 5でスケートリンクの中を走り回っている写真だ。

浅田真央ちゃんのようにグルングルン回ることなく、

ちゃんとタイヤはグリップしてくれる。

ただオイラはいま自分のクルマにスタッドレスタイヤは装着していない。

なぜなら前のように冬になっても雪道に練習行くこともないために現状では必要ないからだ。

ところが最近、突然、雪になることがある。

出かけた先で雪に降られてしまうと万事休す、

身動き取れなくなり、クルマを置いて電車か何かで帰ってこなければならない。

そんな不安があって、チェーンかなにか滑り止めでも積んでおこうと考え、

ネットで調べていたら、こんなものを見つけた。

IMG_7401

ドイツ製の「バイスソック」というタイヤカバータイプの滑り止めだ。

http://www.axel-japan.co.jp/weisssock/index.htmlLink

HPの動画を見てもそこそこ走れそうだし、

チェーンみたいに重くて、使用後もさびたりしないのも良さそうだ。

問題は耐久性かな?

スピード出したり長くは走れないだろうけど緊急脱出用に積んでいれば安心だ。

という事で取り寄せてみた。

こういったものはいざという時につかないと最悪なので、

とりあえず装着した。

ややコツはあるもののちょっとクルマを動かしてやればきれいに装着できる。

タイヤの裏側まで手を入れないといけないので車高が低いクルマはジャッキアップしないと無理かな?

IMG_7442

残念ながら?まだ使う機会は来ないのだが、

今週末は大雪の予報が各地で出ているから、

近所で雪が降ったら試しに走ってみようかな?

— posted by maddog at 06:26 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0216 sec.
prev
2017.5
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31