ヨタカという生き物1.

薄暗い物陰から「ちょいとシャチョウ~」という浮浪雲的な生き物ではなく、

ちゃんとした鳥である。

しかし鷹ではない。

日本にもたまにいるらしいのだが、まず見かけることはない。

夜しか飛ばないしね、、、、。

前々から一度見てみたかった。

で、タイの田舎に行けばいるという「鳥くん」のアドバイスの元、夜、ウロウロ探した。

が、、、、、、、、

最初の二日はコウモリしか会えなかった。

MI5D0486JJ

— posted by maddog at 09:45 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

客車列車

タイでは昔懐かしい客車列車に乗った。

エアコン無し、窓全開!

MI5D9939J

夜明け前の始発駅。

まだ暗いうち久しぶりに50mmレンズ、絞り開放でワン公を写した。

いい感じの色とボケ方だな~。

なんか写真撮った、という気分。

.

MI5D0262

3等クラスのみの鈍行列車は遅いけど楽しい。

走っていれば涼しいしね。

— posted by maddog at 09:39 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

うーむ、ブログの書き方から思い出さないと。

9月になってしまったが、

8月の初旬はマレーシアからタイへ行っていた。

マレーシアでは昔懐かしいラリーチームメンバーと会い、

美味しいドリアン、30年以上前から食べてるが一番の奴をご馳走になった。

IMG_6888

ちなみにホテルへはどこも持ち込み禁止です!!やっぱり匂いのせいだろうね。

しかしなぜマンゴスチンも?!

IMG_1349

— posted by maddog at 09:30 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

猛禽三昧 再び

週末、再び猛禽を探してフラリフラリ。

まずはまたチョウゲンボウを観察。

NONALNUM-g4Hjg6fjgqbjgrLjg7Pjg5zjgqY-E

目の周りの黒いワンポイントが可愛いんだよね。

そしてまたコミミズク。

NONALNUM-grPjg5_jg5_jgrrjgq8-E

とにかく表情がとぼけてて被写体としては最高だ。

前回、見られなかった、というか人生初のクマタカ発見!

NONALNUM-gq_jg57jgr_jgqs-E

すげー遠くで肉眼で見るのもやっとだけど、

なんとなく大きさと風格は感じるね。

ちょうど山桜も咲いていて山も綺麗。

(写真はだいぶトリミングしてある)

何とかもう少し近くで見れないもんかな。

そして最後はツミ。

NONALNUM-g4Tjg58-E

今年も近所に帰ってきてくれた。

春ですな。

また雛にも期待できそうだ。


— posted by maddog at 04:18 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

猛禽三昧

先週末はミミズク系やワシタカ系を探してウロウロしてた。

初日は大学時代の仲間とトラフズクに始まり、

NONALNUM-g4jjg6njg5U-E

チョウゲンボウ、

NONALNUM-g4Hjg6fjgqbjgrLjg7Pjg5zjgqY-E

そしてミサゴを探したが見つからず、

トビを見つつ、

NONALNUM-g4jjg5M-E

ハヤブサを観察。

NONALNUM-g4_jg6Tjg5bjgrU-E

そして翌日はムラオとクマタカを探すも見つからず、

コミミズクを見て終了。

NONALNUM-grPjg5_jg58-E

そして最後はツミを探すも見つからなかったが、

オオタカを見ることができた。

NONALNUM-gqrjgqrjgr_jgqs-E

なんだかんだ言ってもこれだけの鳥が東京近郊エリアで見られるのだから豪華だ。

さらに言えば彼らはたくましい。

人とうまく共存してしっかりと生き抜いている。

— posted by maddog at 11:56 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0131 sec.
prev
2019.9
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30