やっぱり引きは、、、、、

前にも書いたけど、

オイラは何か野生動物との遭遇率は高いというか、

引きが強いような気がするな~。

もっともふつうの人はそんな所に行かないから、

そうそう野生動物と会うこともないだろうけど、、、、、、、。

八ヶ岳山麓で新型ディスカバリーの試乗会があったことはFBでも書いたけど、

その帰り、時間があったのでこの周辺をウロウロした。

IMG_8304

実はディスカバリーを試乗している時にも蛇と遭遇してたんだよね。

この八ヶ岳山麓というのはフクロウがたくさん住んでいる、と聞いた。

そこで地元のラリー仲間に情報を集めてもらうと、

「冬場じゃないと木が茂っちゃって見つけられない」

「もうチリジリに山の奥に行ってるからいませんよ」

と、否定的なアドバイスばかり。

ま、しょうがないけど、

オイラ的には動物を探してウロウロするのが楽しいので、

とりあえず良さそうなロケーションを散策する。

そして何やら動くものを発見!

MD7D8012J

うーん、猫だった!! こんな民家もないところに野良猫とは。

そして今度はこれは犬かな?

MD7D8020J

耳の感じは犬だけど、、、、、、、、

・・

MD7D8026J

キツネ発見!!

寝てたの起こしてしまってスマンね!

すると今度はこんな小さなお客さん。

IMG_8306J

何だろね?カメムシ?

MD7D8058

でもフクロウ発見には至らず。太陽が八ヶ岳の向こうに消えてゆく!

諦めながらもよくラリーカーのテストで使った林道で最後のフクロウ探し。

わずかに残照が道に入りこむ中、少し先で何かヒラヒラと舞うものが!

来た~!

あれはフクロウに違いない!

しかしサッと逃げられてしまう。

何度かこのあたりを探すが、もう暗くなって見つからない。

窓を開けて耳を凝らすと何かが鳴いている。

フクロウ?なのかな?

懐中電灯で道の脇の鳴き声のする方を探すと、、、、、

いた~!!!

MD7D8108

フクロウ見っけ!!

そのあと真っ暗な中でオイラの頭上で左右からピーピーと鳴く声がしてきた。

しばらくして頭上を照らしてみたら!!

何と3羽の雛に監視されていた!!!

MD7D8130J

ビックリを飛び越えて感動の鳥肌もんだ!!

いやーフクロウに囲まれて山の中でオイラひとり!!

しばらく至福の時間を過ごした。

しかしラリーカーのテストコースが彼らの住処とバッティングしていたなんて、、、、、。

これからは注意深く走ることにしよう!

— posted by maddog at 02:19 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

続き、で、翌日、、、、

帯広に移動。

散々ラリー出来たけど、

動物を見に来るとは想像できなかったな~。

北大の演習林や神社でエゾモモンガを探すがいない!

日が暮れ始めてもう諦めかけている時に、

目の前を何かが横切った。

「カラスかな?」

と思ったら、何とエゾフクロウ!

MD7D3615J

このあたりにいるとは聞いていたけど、そうそう見られるものでもないだろう、と諦めていた。

なのに向こうから出てきた!!

そしてここからの帰り道、ホテルに向かう最中、オイラのクルマの前の空中を何かが横切った!

何となくさっきと同じ感じ!

これはまたあいつに違いない!

あわててクルマをUターンさせて、そいつが向かったらしき木を調べると、、、、、、

「いた!」

MD7D3661J

再びエゾフクロウ。

オイラやっぱり動物を呼び込むわ~!!

1時間に野生のフクロウが2回もオイラの前に飛来した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でもって翌早朝、、、、、、、

ラリーで知り合った帯広の人に案内してもらって

豊頃町の「海岸に打ち上げられる宝石のような氷」

ジュエリーアイスを見に行く。

MD7D3740J

ちょっとまだ時期が早いのか、あまりきれいに見えなかったけど、

ジュエリーアイスたる所以はしっかりと見届けた!!!

で、この後はエゾモモンガのリベンジに向かう!

しかしまたいない!

でも代わりに可愛らしいエゾリスが出て来てくれた。

MD7D3939J

すばしっこくてなかなかうまく写せない!

MD7D3964J

耳毛が凄いね。防寒仕様なのかな?

その後、アカゲラ?っていうのかな~?キツツキ登場。

MD7D4121J

エゾモモンガやーい!出ておいで~、と念じていると、

やっぱりオイラは運がある!

出てきた(笑)

MD7D4103J

すごい木の上の方で木の芽を齧ってる。

小さくしか見えなかったけど、見れただけラッキーだ。

黒目がでかくて可愛いね。

満足!!

— posted by maddog at 11:25 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

いまさらながら

もう夏至も過ぎ梅雨真っ盛り。

時として真夏かと思うような気温の日もある。

暑い時には涼しい写真でも、、、、、

今年の冬から撮ってきた野生動物などを「いまさらながら」ではあるがアップすることにした。

MD7D2129J

これ何かわかる?

クロテンという小さな動物。

大雪山系の温泉宿に冬になると顔を出すんだ。

MD7D2211J

雪の中に顔をうずめて何か探している。

MD7D3243J

レストランの明かりをバックに佇んでみたり、

MD7D2884J

テケテケ走り回ったり、

MD7D3023J

上下にくつろいでみたりしている。

外気温見える?

氷点下21度。

この子たちの寒さに強い体もすごいけど、

それに付き合ってるオイラも物好き以上に立派だと思う!!

でもこの表情を見たら写真を撮りたくもなるでしょ!!!

MD7D3480J

あまりに寒いと温泉の湯気もこんな感じに凍りついてしまうのだ。

IMG_6680J

まるで羽毛みたいで綺麗でしょ!!

自然が織りなす情景はすごいね!

IMG_6668

— posted by maddog at 11:38 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ソーラーウオッチ修理

どうも勘違いしていたようだ。

止まるはずがないソーラーウオッチが止まっていて、

ああこれは壊れてしまったんだ、と思っていた。

明るい部屋に置いていて動かなくなるなんて、ソーラー電池がダメになったのだろう、と。

IMG_5038

2008年にアフリカでラリーをやっている時に、

いまはなき三菱ラリーアートの社長様からせしめた?いや、頂いたラリーアートウオッチ。

出来るならばまだまだ使いたい。

と、おもいつつも修理にも出さず、数か月。

あれ?もしかしたら中にソーラーからの電気を貯める電池が入ってるんじゃないか?と思い立つ。

調べてみると正解!!

電池を変えてみる価値はありそうだ。

ちょうどカメラレンズをばらす工具が目に入り、

これで何とかならないか?とアジャストしてみたら、

IMG_5039

裏蓋が開いた!!

ま、自己責任という事でやってみましょう。

細かい作業はピンセットが無いから毛抜き(笑)

IMG_5045

で、ちょっと特殊らしいボタン電池もネットで買えた。

やたらと立派なプラスチックの箱入りで到着。

IMG_5041

中身はこんな端子がついた不思議な電池。

IMG_5044

電池を詰め込んで裏蓋を閉めて完成!!

IMG_5034

う、動かない~。

1500円もした電池が無駄になってしまう~。

うーん、どうする!

良く分からないがとりあえず、藁にすがってリセットでもしてみるか!

IMG_5047

いや、藁にもすがってみるもんです、ピクッと動いた!

そして適当に色んなボタンを押してたら動き始めた。

いやー良かった。

IMG_5049

ランサーエボリューションでアフリカチャンピオンになった時にしていた時計だから直ってスゲー嬉しい。

そういえばまた三菱がランエボを作るとか作りたいとか言ってるらしいけど、

遅すぎるよね。

空白を埋めるには人材もノウハウも霧散しちゃってんじゃない。

ただ今のラインナップじゃ生き残れないだろうしな~。

PS:恐ろしく久々のブログアップですな~。

  すいません!

— posted by maddog at 11:04 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

謹賀新年

みなさま、明けましておめでとうございます。

ぜんぜん更新しない本ブログを見に来ていただき、ありがとうございます。そして更新してなくてすみません。

FBの更新の楽さに、どうしても流されてしまい、ブログ更新に至りません。

ただ何かをじっくり見せたり、掘り下げるのには必要な場と思っているので、2017年は何か考えて行きたいと思います。

ということで本年もよろしくお願いします。

NONALNUM-5bm06LOA54q2MjAxN0ZC-E

— posted by maddog at 05:21 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0247 sec.
prev
2018.2
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28