月の砂漠。

横で「月の砂漠をはるばると~」なんて歌ってる奴がいて、

ふとドバイの月齢を調べるとこの日は満月だった!!

IMG_1169J

真っ赤な月が砂の地平線から上がってきた。

そしてしばらくすると、、、

IMG_1241J

砂漠の中から労働者諸君が引き上げてきた。

イスラムだから「帰って一杯」というわけにはいかないだろうが、

仕事終わりの足取りは軽やかに見えた。

IMG_1440J

まあるいドームに丸い月。そこにアラビア文字が加わると異国情緒満点だな。

— posted by maddog at 10:55 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

メルセデスベンツGLC

少し前にベンツのGLCを試乗した。

本国ドイツでもSUVタイプのクルマの人気が高いらしい。

IMG_2083

乗って思ったのが、オフロードテイストも強いことだ。

19インチというでかいタイヤを履いていながら、

路面からの突き上げを上手くいなした乗り心地は良く、

砂利道のギャップでもサスペンションがとてもしなやかに動く。

もちろんそんなに飛ばしての話じゃないけど、

突き上げられたり、煽られたりしないでタイヤは路面に追従している。

イン側に高低差のあるコーナーでサイドステップとのクリアランスも大きく、

これなら荒れたアプローチのキャンプサイトにも安心して入って行ける。

IMG_2086

2リッターターボエンジンは211馬力。

滑らかな回り方とトルクフルなのでGLCみたいな4WDに向いてるパワーフィールだ。

高速道路の大きなうねりでややサスペンションが硬く感じるのは、ダートでのしなやかさに振ったセットアップと相反するところなのだろう。

ただ突き上げ感は無いので、それほど不快ではない。

コーナーは踏ん張り感があって腰高さとかは感じない。

IMG_2091

ブレーキは思いのほかタッチが硬く踏力重視の味付けだが、

慣れてくると扱いやすくなる。

内装も走りもベンツらしい重厚感があって、運転していて気持ちよく安心感がある。

BMW X3と競合するクルマだが、BMWは舗装でのパフォーマンス重視に感じるのに対して、

オフロードテイストを盛り込んだ点でGLCはちょっと味わいが違うクルマに感じられた。

IMG_2074

— posted by maddog at 06:28 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

フェラーリワールドへ行ってきた!

IMG_2426

ティフォシのオイラとしては「メッカ巡礼」のごとく、

一度は訪れないといけない聖地だからね。

て、いつからフェラーリ教に入ったんだ?!(笑)

ドバイから高速道路をバーンっと走って隣国アブダビまで約1時間。

隣国って言ったって連邦国だから国境があるわけではない。

レンタカーのランサーにiPhoneのカーナビで簡単に行けた!

IMG_1516

建物に入ってびっくりしたのがいきなり中華料理屋が現れた事。

うーむ、中近東のフェラーリ施設に中華か~。

IMG_2421
エスカレーターの右手前が真っ赤っかの中華料理屋。

入場券売り場はやたらと時間がかかる。

その理由は発券時に色々と説明があるのと、なぜかやたらと話し込むややこしい客がジタバタしてるからかな。

「これとこれは現在運航停止中、これとこれはもう予約でいっぱいです。それでもいいですか~?」

なんて言われると、すでにずいぶん入場意欲がそがれるな~。

それでも中で列に並ぶのが嫌なので、3回は優先でアトラクションに乗れるファーストトラックが付いた

約12000円のシルバーチケットを奮発した。

中でロッカーがあると便利ですよと言われて、3000円ぐらい払ってロッカーキーまで受け取ってしまった。

実はジェットコースターに乗る時に荷物をすべて預けなければいけない、と聞いていたので、

ロッカーはあったほうがいいだろう!と判断したのだが、、、、、、これは後で全くの無駄だったと判明した。

IMG_2319

中の展示もたいしたことない。

展示車は入れ替わるのだろうが、しょぼい。

ドバイ市内の高級ショッピングモールの駐車場を見てたほうが

よっぽどスーパーカーは来るかな。

お目当ては世界最速240km/hを誇るというジェットコースター。

ファーストパスでまったく並ばずに入口へ。

しかしファーストパスを切りもしない。

荷物は普通にかごに入れて預ってくれた。

ロッカーなんていらないじゃん、

なんかだまされた感じだ。

IMG_2338

ワクワク、ドキドキ。

ドッカーン!

オーッ、かなりの加速!

そしてちょっとスピードが落ちたと思ったら空に駆け上がるので、

上から押さえつけられる縦Gがものすごい。

だんだん怖くなってきた。

いちばん高いところに行くとスピードはたいしたことは無いんだけど、

レールがギシギシ行ってるのが聞こえる。

メチャクチャ怖くなってきた。

頼むからオイラが乗ってる時に破壊するなよな~。

スピードは慣れるけどこの手の乗り物は苦手なのでひたすら怖い。

最後にフルブレーキングするんだけど、

かなりの減速Gでここが一番フェラーリF1ぽいイメージだったな。

IMG_2364
あとから知ったけど形もF1風だったんだ。

乗ろうと思えば何度も乗れたんだが、1回でもう十分。

気持ち悪くなりそう。

フェラーリワールド満喫、と言いたいところだけど、

ほかに何かあるのか?という感じだ。

とはいえフェラーリワールドに来た!という事実は何となく嬉しい。

そんな価値観なら行って損はないのかもね。

ついで言ってはバチが当たるがシェイクザイード グランドモスクという立派な寺院も見てきた。

IMG_2657

西日に照らされて綺麗だったな。

で、最後は世界最速ジェットコースターの向こうに落ちる夕日を眺めて、

なんとなくホンノリして帰路についたのである。

IMG_2690

— posted by maddog at 06:08 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ホンダ雪上試乗会

2月中旬にホンダ鷹栖テストコースで、雪や氷の中を走り回る試乗会があった。

まさに「走り回る」といった表現が正しく、

ほとんど制約なしにいくつも用意された雪やアイスバーンのテストコースを全開走行させてもらえた。

YOS_2931

いちばん雪道とは相性の悪そうなS660だがこれが大健闘!!

トラクションが全くかからないS2000のイメージがまだ頭に残っていたから驚いた。

もちろん排気量もパワーも違うけど、それ以前に舗装以外を走った時にクルマがどうゆう挙動になるか?

というエンジニアの考え方次第で決まるところがあるので、S660は色々と考えられているのだと思う。

VSCなどを完全オフできる特別なクルマでも走ったが、フルパワーでもトラクションが掛かり、

2速でだんだんパワーが食わ、リヤが落ち着いてきてしまうほど挙動は安定していた。

VSCの制御の良さを見てもらうための制御オフ試乗車だったが、それがゴキゲンなので試乗意図が逆になってしまったかな(笑)

ただメインでコースを走ったノーマルスペックでは雪+スタッドレスタイヤという組み合わせでは制御介入が過剰で、

パワーが絞られて気持ちよくスピードが上がらない。

スポーツカーはレクサスのF、ベンツのAMGもBMWのMもみんなVSCはカットできる。

ドライバーの信用し個人の責任を尊重しているのだろう。

ホンダのような会社が作ったスポーツカーが制御がらめなんて残念だな~。

雪の中、あんなにスイスイ走れるのに!!!

_N3P0600

パイクスピークヒルクライムを走った4モーターEVのデチューン版がこれ。

以前にターマックコースで乗せてもらったことはあるけど、

滑りやすいところでの試乗には興味津々だ。

これは4輪制御で曲がれるようになっているが、

1回、すべての制御を切ってもらって走った。

動き出し直後にトルクがドーンと出るモーター特性は、滑りやすいところでは扱いづらい!

スパイクタイヤでも装着すればいいのだろうがスタッドレスタイヤでは出足は弱いトラクションコントロールを効かさないと、

アクセリングもステアリングも忙しくてしょうがない。

なかなか手ごわい!

言った手前、コースアウトはカッコ悪いので真剣モード!

ただある程度スピードが出てしまい、曲がり込んでいないコーナーならスポーツ4WDのように、

さらに左足ブレーキとアクセルを組み合わせるとラリーカーみたいに動くことを確認できて楽しく走れた。

いくらでも可能性、方向性、考え方を見つけられそうなクルマなので、これからも開発を続けて行ってほしい。

YOS_2685

発売直前のヴェゼル・ハイブリッド4WDにも乗った。

動きは軽快でFFから4WDに変化していくといく駆動方式でも

トラクションの掛かりは良く、

アクセルオンで押し出されるようなアンダーステアは無く、

軽快で素直なハンドリングだった。

YOS_3002

でっかい北米専用モデルのPILOT。

3.5L・V6エンジン搭載の4WDだ。

タイヤもでかいから雪の中、タイヤのグリップ感も良く、ABSも顔を出す頻度も少なくて走りやすい。

4WDでリヤ左右のトルクベクタリング機能も装備されている。

雪道のターンインからパワーオンするとテールがやや滑りながら向きを変え、トラクションを生み出していくので、

大きな重いクルマなのに爽快感ある走りが楽しめたのは発見だった。

— posted by maddog at 03:15 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

胃カメラ

またブログ更新を怠ってしまったが、

しばらくドサ回りに出ていたのが言い訳である。

そこではなかなか美しい写真を撮ったのでそのうちここでお見せできるでしょう。

決してオイラの胃の中ではないのだよ。

それもまあ美しいのだけれどもね!

で、胃カメラの話である。

去年、人生初めてのバリウムで胃の検査をしたのだが、これがけっこうしんどかった。

だから今年はこっちに変えてみた。

また昨年、元タスカ・エンジニアリングのメカニック・類瀬が胃癌で逝去したのもややあるかな?

類瀬はかつてバリウムを飲んだ後にそれが腸内で固まって、酷い目に遭ったことがあると聞いた。

それ以来、胃の検査はパスしてしまい、残念なことに胃癌が進行してしまっていたのだ。

またバリウムより胃カメラのほうが正確に検査ができるというような

風評も伝え聞いた。

そりゃそうだろう、ドクターがカメラで胃の中を見るのだから、確実なのは当たり前だ。

なんてことを考えていたら、

個人で救急病院を開院したことで話題になり、

各マスコミに引っ張りだこのドクター上原が主宰する

川越緊急クリニックがつい最近、

「上手な内視鏡始めました」

なんてわけ分からんキャッチフレーズを打ち出した!

http://kawagoeerc.jimdo.com/Link

「内視鏡って胃カメラのことか?」

って聞くと、

「そうですよ、やりますか?」

というので、

「オイラは生き死にが掛かった救急患者じゃないから、オマエにものすごい勢いでガシガシやられるのはヤダな~」

と返した。

オイラにとっては上原はドクターである前にラリー仲間。

だから奴の乱暴な走り(笑)をよく知っている。

逆説的には生死にかかわる一瞬の判断が大切な救急医には向いているんだろなー、

とは思うが、あの走りのイメージで胃の中をいじられるのはヤダ、と思った次第!!

上原もその辺は良く分かっているのか(笑)

「丁寧にやってくれる専門のドクター来てるんですぜ~」

と返してきた!!

IMG_2421

http://kawagoeerc.jimdo.com/%EF%BD%88%EF%BD%8F%EF%BD%8D%EF%BD%85/Link

つー、わけで今日、川越まで行ってきた。

バイクやクルマで散々走り回った国道16号線沿いにあって、道中懐かしかった。

担当のドクター伊藤は検査内容を懇切丁寧に説明してくれた。

インフォームドコンセントってやつですな。

喉と鼻に麻酔をして

「鼻からの内視鏡は楽ですぜ」

と何もしない上原院長が横で囁く!(笑)

だが、担当医のドクター伊藤の手が止まる。

オイラの鼻の中も痛い。

「鼻の中が狭くて粘膜が傷つきそうなんで、喉からにしましょう」

「なぬ!!」

はっきり言って生き地獄でしたわ!!

オエオエ、グエーッ、グオッ、どんだけ吐きそうな擬音を並べればいいのかわからないほど、

各種、えずく音のオンパレード!!

胃がひっくり返って飛び出そうだったぜ!!

いやー、辛かった。

でもまあ背中をさすってくれる優しい看護婦さんたちのアシストもあって何とか耐えることができた!!

IMG_2419

機械の横に立ってるけど、アンタ、何もしてないでしょ(笑)

しかし内視鏡ってスゲーな。

鮮明な写真までとれちゃうんだから。

ウエウエ言ってた甲斐もあるわ!

そんでもってピロリ菌の検査もしてもらって、

暫定的な結果もすぐに出してもらえた。

IMG_2420

結果は、、、、、、

2人、笑顔で内視鏡もって遊んでる写真を見てもらえば、わかるでしょ!!!

あれ、一番世話になったドクター伊藤の写真が無いや。

色々とありがとうございました!!

これで安心して暴飲暴食して過ごせますわ。

アッ暴飲はオイラの場合無いか!

アフリカのおかしな菌も出てこなさそうなんで良かった。

そして話題はオイラの胃から瞬く間にラリーへと。

オイラもまだまだ走りたいけど、

上原も何が何でもラリーに出たいという。

速さはあるんだから4WDターボでもう一度真剣にやったほうがいいよな。

今のネームバリューがあればスポンサーも見つかんないかな?

それ以前に赤字だった病院が最近やっと黒字になったと喜んでいたので、

奴が社会貢献している分、ラリー仲間はちっとはエントリー代の足しになるように

みんなで「オエオエ」言いながら内視鏡を受けに行きな!

健康な体があってのラリーだからね!

もう一度書くけど(笑)安心してください!やってくれるのは丁寧なドクター伊藤で決して破壊王のドライバー・ドクターウーじゃないから!!

— posted by maddog at 07:26 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0126 sec.
prev
2017.4
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30