キンキン

キンキンに冷えると電線も豆電球のネオンサインみたいになるんだな。

MIYO8742J

どの写真もクリックすると拡大します。

IMG_0535JP

キタキツネ。

探していると意外といないもので、

観光地にうろついているのと違って、

近づくとすぐに逃げてしまう。

IMG_0486J

大きくてきれいな景色だな!!

続く。

— posted by maddog at 10:19 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

どんどん

どんどん暖かくなっていくので、

雪や氷のある写真を早めにアップしないと。

しかし冬の北海道は素晴らしいね!

寒さが厳しいだけに景色がシャープだ。

住んでる人にとっては大変なのだろうが美しさは羨ましい。

オイラが行った時は急に気温が上がった直後に冷えたのでいつもと違う、

雪ではなく氷の世界になったのも幸運だった。

IMG_4447J

どの写真もクリックすると拡大します。

氷の中に光が入ってプリズム状態になってるのかな?

ものすごくキラキラ綺麗だった。

IMG_3550J

冬の道東と言えばお約束の丹頂鶴。

IMG_4849J

これはなんだろ?アザラシ?海を見てたらプカプカ浮いていた。

MIYO8819JP

オオワシ。たまにいるといい感じだな。

IMG_9651J

シマフクロウ。

面構えが迫力だわ!

続く。

— posted by maddog at 11:35 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ザクザク

鷲鷹は強さや豊かさの象徴とされることも多く、

希少な鳥だ。

アメリカの国鳥も「白頭ワシ」だしね。

昔から神聖なものとしてあがめられてきた。

日本でもワシタカ類はめったに見かけないだけあって、

バードウォッチャーや鳥カメラマンにとってあこがれの存在だ。

オイラも北海道でウロウロして雪原や川のほとりの木に目を凝らして

一生懸命、猛禽類を探していた。

キョロキョロしているとたまにオジロワシとかオオワシとか巨大なのがいたりする。

そのたびに停まって写真を撮るのだけど、回数が多くなるとよほど背景が良くないと撮る気が起きなくなる。

それでも結構ゴキゲンでワシを写していたのだが、、、、、、、、。

知床に行って驚いた!!

IMG_1959

どの写真もクリックすると拡大します。

木にポツポツととまっているのはカラスじゃないよ。

ワシがザクザク状態。

家のオバちゃんが出てきて、

「すごいでしょ、奥に入って写真撮っていいわよ」

なんて言ってくれた。

裏庭にオオワシが群れている住居!!

凄すぎだ。

沢山いるのは知ってはいたが、これほどカラスやスズメ状態とは!

知床の大自然が偉大過ぎてスケール感が分からなくなってくる。

とはいえ、もう少しましな写真を撮ろうとクルーズ船に乗り込んだ。

IMG_0345J

IMG_0244J

鷲鷹って孤高のイメージがあって憧れていたけど、

ここまで餌付けされちゃうと、なんか締りがなく見えちゃうな~。

足元に投げ込まれた冷凍魚があるでしょ!

IMG_9882J

オジロワシは魚の奪い合いでケンカしてるし、、、、。

MIYO9796J

でも飛翔している姿はメチャメチャかっこいい!!

MIYO9844J

しかしいっぱいいる。

どれに照準を合わして撮ればいいか悩むほどいる。

これほどオオワシやオジロワシの密度が高いのは、

知床以外にはないそうで、

世界中から観光客が集まってくる。

しかし凄いのはやっぱりカラスだな!

オオワシから魚を奪っていくもんな!

このオオワシなんて魚を守るのに必死!!

MIYO9749J

今年は流氷が来なかったらしいが、

次回は流氷バックのワシを撮りたいものだ。

— posted by maddog at 09:15 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

砂漠の所有権。

IMG_2715

どの写真もクリックすると拡大します。

どうも砂漠も誰かが所有しているようで、

道と砂漠の間にはどこまで行っても柵が張り巡らされている。

どこまでもどこまでもだ!

よくまあこれだけ気が遠くなるほど柵を作ったな、という感想と共に、

砂漠に所有権があるなんて想像してなかったことに気が付いた。

考えもしなかっただけで、土地なんだから国有じゃなければ誰かの土地なのは当たり前だが、

こんな砂の海に柵まで作って主張するほど価値があるのだろうか?

たしかにドバイ中心部からベットタウンは広がって、砂漠に街が出現してきてはいるが、

100㎞近く離れたところまで柵が続き、

なかなか砂漠の中に入りこむことすらできない。

どこに行けば「野生の砂漠」を見ることができるのだろう?

ある時、田舎町にモスクが見えて、それの写真でもとろうと脇道に入って行った。

いくつか路地を曲がりモスクの前に差し掛かると、

そこで舗装が途切れた道は砂漠の中へと続いていた。

4WDカーを使った砂漠ツアーがやたらとあるから、

どこかに出入り自由な入り口があるとは思っていたが、

ついに見つけた!!

ただ、オイラが乗っているのはFF車。

とてもじゃないが4WDがかきむしって出来た深い砂のワダチ道に乗り入れる勇気はない。

となればあとは自分の足でちょっことだけでも入るしかない。

水とお菓子とカメラを持って、、、、、、、。

IMG_1664J

いやー凄い!砂と風が織りなす風景には圧倒される。

IMG_3366J

さらに少し歩くと遠くの方に、、、、、

IMG_3229J

何というか、こんなタイミングよく出てくるとは!!

オイラ、引きが強いわ!!

これぞ砂漠の象徴ともいうような風景があった。

そしてラクダの最後にはオッサンがくっついていた!!

IMG_3302J

そのうち向こうもオイラに気が付いたようで、

オッサンが手振りで、「コイコイ」とやってるのが見えた。

簡単に来いって言われても望遠レンズで写したってこのサイズの所まで、

うねりが激しい砂の中、簡単に行けるわけがない。

オイラも手振りで「ノーノー」とやるのだが、

手を振ってると思ったようで、

また「コイコイ」ってやってる。

苦労して行ったところで、

写真を撮らせて「金くれ」なんて言われるオチのような気もして、

そのあとは知らんぷり。

数分後には丘の陰に跡形もなく消えてしまった。

生き物なんかいそうもない砂漠だけど、

良く見ると色んな足跡がある。

IMG_3388J

何だろーねーこの妙な足跡は、鳥かね~??

IMG_3390J

これもまたなんとも不思議に足跡が交差している。

小さなトカゲあたりを捕まえようと捕食者が追ったのか?

なんて想像すると砂漠だけに色んなストーリーが蜃気楼のように浮かんで楽しい。

そしてオイラは砂漠をひたすら歩き、すごい事実を知ったのだった(笑)

それは砂漠はいつの間にか砂浜になっていて、どこが境界線なのかわからないことだ!(大嘘!)

IMG_1825JP

— posted by maddog at 09:28 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ラクダ

ラクダというのは昔の人にとっては粗暴なイメージだったのだろうか?

志ん生落語の演目「らくだ」の登場人物はハチャ滅茶なキャラクターだからだ。

ま、そんなことは置いといてリアルなラクダ!

NONALNUM-5qiZ6K2Y-E

中東ドバイの街から30-40分も離れると、こんな標識がある。

「ラクダ注意」

道を渡るのだろうか?

そんな姿を見てみたいものだと、しばらく脇道を眺めていたが、

ラクダなんぞは出てきやしない!

もう帰ろうかと諦めかけた時、トラックが通りかかった。

IMG_3136J

落語だとらくだは棺桶に入って登場するが、

ドバイでラクダはトラックで登場した。

IMG_3137

中東にきて初めてラクダに遭遇したから嬉しかった。

やっぱり砂漠にはラクダだ。

トラックに乗っていてもやはり砂ぼこりにの中にはラクダだ!

と、ひとり興奮して帰路につくと、

途中でラクダ尽くしの光景に出合った!!

IMG_3404J

ラクダレース場の近くなので調教中なのかな?

それとも自家用ラクダで通勤中??

— posted by maddog at 01:08 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0171 sec.
prev
2017.5
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31