第38回 2017 – 2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー

今年も最終選考発表の日が来た。

公式HPはhttp://www.jcoty.org/result/Link

IMG_9498

今年ほど個性際立つクルマがそろった年も珍しい。

それだけに同じ目線で選考するのがとても難しかった。

10台のクルマそれぞれが唯一無二である。

IMG_9562J

.

.

.

.

特別賞イノベーション部門賞はトヨタプリウスPHV。

エモーショナル部門賞はレクサスLC。

スモールモビリティ部門賞はホンダN-BOX N-BOXカスタム。

.

実行委員会特別賞ハイブリット車グローバル累計販売1000万台突破。とインディ500マイルレース日本人初優勝の佐藤琢磨選手。

.

.

そしてイヤーカーはVOLVO XC60が獲得。

IMG_9523

.

オイラの配点は

IMG_9521J

公式HPに選考理由も入っているが、

今となってはちょっと懐かしいような輸入車の味を再び取り戻したアルファロメオ・ジュリアを推した。

没個性化しつつある時代への挑戦とも取れる味わいがいいのだ。

XC60はオールマイティーによくできたクルマ。癒し系で乗ってて楽で安全性も高い。

オイラも自分の反射神経に頼らずにこうゆうクルマに助けてもらうようになるのだろうな~、と。

スイフト(スポーツ)はTVCMを見ていて期待していた。軽量化も進みヤンチャなボーイズレーサーの走りはどんなもんなのか?

全開!パットアクセルを抜いてタックイン!、、、、、のはず?あれ?上質なグランドツーリングカーみたいな操縦性だった。

カムリはハンドリングのいいセダン。よく走るだけにもう少し個性派だったらなーという個人的な感想。

BMW5シリーズは走らせればスポーティーだしいいクルマ!だだ新型になってここが良くなった!という強いアピールがちょっと希薄。

.

.

しかし自動車メーカーの全知全能を込めたクルマを採点するのは大変な作業だ。

毎年のことながら終わると「ハフーッ」ととっても疲労感があるが、今年も終了してホッとしている。

— posted by maddog at 11:11 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

マツダCX-8

個人的に必要に迫られたことがないのだけど、

世の中的には3列シート、6人、7人乗りのクルマがマストの人たちがいる。

IMG_9483

そこにドンピシャなのがこのCX-8だ。

CX-5とよく似ているが長くなって重量増の分、2.2リッターディーゼルエンジンも

175馬力から190馬力にパワーアップされている。

IMG_9472

このエンジンの静けさとパワーフィールの滑らかさは感動ものだ。

知らないで乗ったらまずディーゼルだと思わないと思う。

2000回転あたりからの加速でトルクが有り余って余裕の伸びを見せるのだ。

さすがに車外で聞くアイドリング音はやや大きく、

上り坂で1500回転あたりで緩加速をすると、やっとディーゼルらしいカラカラ音が聞こえる(笑)

IMG_9470

レーンキープ機能はたまたま前日に乗ったレクサスLSと比べちゃうと、やや認識度合いが弱いかな。

プレゼンでは後方からの衝突安全性を重視し、3列目のシートでも空間確保されるデータを見せてくれた。

IMG_9480

乗り心地はすごく良くて快適。

こまかいことを言えば高速道路などでほんのわずかにステアリングを切った時に、

やや応答性が鈍くタイヤの反力が強く出るのと、

コーナリング中のギャップでバウンスしやすい感じがある。

この辺りは乗り心地重視にした反動なのかな?

路面がいいところではほぼ満足なんで、逆にちょっと気になった。

IMG_9476

普通に走って、メーター表示通り15.8km/L。

燃費いいね。

IMG_9469

— posted by maddog at 12:04 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0146 sec.
prev
2017.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31