ドライビングレッスンとVWゴルフRとサーキットの狼。

s_F289512

土曜日は千葉県にある袖ヶ浦サーキットで

「Tetsuya OTA出光ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with Volkswagen」というイベントの

インストラクターをしてきた。

今回はサーキットタクシーをVWゴルフRでやるというので

オイラ的にもすごく楽しみだった。

IMG_5206

280馬力の4WD。

まるでWRCを戦うPoloWRCマシンをほうふつさせるスペックだ。

エンジン、パワステ、サスペンションなどのモード切替できるスイッチがある。

「エコ」「ノーマル」「コンフォート」「カスタム」

そしてRには「レース」という挑戦的なモードが存在する。

ここはもちろん「レース」を選ぶ。

そしてもうひとつ過激なセレクトが「ESP」と呼ばれる姿勢制御と

トラクションコントロールを完全オフにできるスイッチがある。

ドライバーズカーなんだね!!!!

IMG_5240

路面はウエット!

ゴルフRのパワーとDSGトランスミッションのつながりの良さで

ゴキゲンな速さを体験しつつ、制御なしのコーナリングパフォーマンスを甘受する。

ちょっとアンダー/オーバーの境目がわかりづらく、思いっきりコーナーに飛び込んで行ったらスピンした!

どうも雨のこのサーキットとオイラは相性が悪い!

何に乗っても雨だと必ず1回はスピンする!

丁寧なターンインから軽く左足でブレーキを入れてやるとゴルフRはスーッとテールブレークしながらターンインする。

そこでアクセルを踏み込んでいくと弱カウンターでコーナリングできる!

なかなかゴキゲン!!

ただウエットだと操作がセンシティブなので「ESP」は

「スポーツ」を選ぶのが無難かな。

で、このゴルフRで参加者の皆さんを乗せてグルグル走ったわけだけど、

雨で滑る路面だけにそこそこスリルもあって楽しんでもらえたような気がする。

IMG_5215

変わってて面白そうなのでちょっと乗せてもらった「ザ・ビートル R-Line」

ビートルのGTIバーションて感じで、サーキットでも結構速くて操縦性はまったりしていてこれまた結構楽しめた。

そしてオイラ的にビッグトピックスだったのは

漫画「サーキットの狼」の作者、池沢早人師氏にお会いできたことだ。

IMG_5249J

高校の時に隣に座っていた不良が授業中、一心不乱に読んでいたのが「サーキットの狼」だった。

その影響でオイラもこの漫画を読むようになった。

生まれて初めて「ターボ」なる言葉を見たのもこの作品の中だ。

パワーが炸裂する?なんだ?ターボって!?

その謎が解けたのはそれから何年後かに日産グロリアターボを運転した時だ。

そしてやっとターボパワーというものを体感した。

なんてことを池沢氏にお会いして頭の中を駆け巡った!

やはりものすごく「サーキットの狼」に影響を受けていたんだな。

池沢氏は笑顔を絶やさないすごく気さくな人で、

初対面のオイラのぶしつけな質問にも丁寧に答えてくれた。

当時、限られた予算の中でロータス・ヨーロッパにしようかポルシェ914にするか悩んだのだそうだ。

なんか914にしてたら「サーキットの狼は」は出なかったように気がするエピソードを聞いてドキドキした。

・・

「おい、カ〇カ〇 実、うらやましいだろ~」(私信ですわ!)

— posted by maddog at 04:39 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

メルセデスベンツGLA

少し前になるがGLA250 4MATICに試乗した。

エントリーモデルAクラスをベースにした4WDのSUVだ。

エンジンは2リッターターボで211馬力、

7速ATと組み合わされる。

IMG_4940

ラフロードをバックにすると、GLAの見た目はずいぶんとシティテイストだ。

しかし大きなうねりや急坂路を走らせてみると、見た目と裏腹な走破性の高さに驚いた。

IMG_4929

通常走行は燃費特性に優れるFFで、必要に応じてリヤの駆動を増やすトルクオンデマンド的な電子制御4WDなので

滑りやすい坂なのでどれくらいスムーズに走れるのかちょっと懐疑的だったが、それはいい意味で裏切られた。

電子制御トラクションコントロール、下り坂でのスピードをコントロールしてくれるDSR,

などなど、楽に安全に走れる装備は優れていた。

オイラ的にもフラットダート全開なら電子制御なんぞは余計なものだけど、スピードが出ないグチャグチャのオフロードは、

普段はおせっかいな電子制御もあまり違和感なく恩恵に預れる。

IMG_4952
シートポジションの調整幅も大きくて視界確保に十分。

泥の中から這い出して一般道も走った。

トランスミッションはDSGだが、クルマの性格に合わせたセッティングのせいかそれほどシャープでダイレクトな変速ではない。

IMG_4944

コーナーでは多少ロールが大きい感じはあるが、ワインディングを苦手とするほどヤワでは無い。

パンクしても走れるランフラットタイヤが標準装着だが乗り心地はけっこう良く、強い突き上げは無いのがありがたい。

IMG_4926
歴代SUVシリーズ。

— posted by maddog at 09:06 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

まるで雪国だ。

異常気象だな。

雹も雪のように吹き溜まりになるようだ。

IMG_5073J
まるで雪道だ!
IMG_5094J
冷凍庫を開けた時みたいに遠くがほんのり白くなってる。
IMG_5091J
みなさんギョッとして脇を注視。危ないよ!
IMG_5083J
氷深10cm?

— posted by maddog at 07:14 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

スポーツドライビングスクール

6月28日は袖ヶ浦サーキットで開催される

太田哲也スポーツドライビングスクールに参加することになった。

いちおうまあ生徒ではなく、エラソーに講師という肩書だ(笑)

http://sportsdriving.jp/schedule/20140628vw.htmlLink

すでに定員に達しているようだが、

キャンセルが出れば参加できるとのことなので、

気になる人はチェックして。

当日はドラテクのアドバイスやサーキットタクシーのドライバーも務める。

今回はフォルクスワーゲンジャパンの協賛で

最強のゴルフであるゴルフR!も登場予定。

WRC連戦連勝のVWモータースポーツのDNAが流れるRは

オイラも楽しみでワクワクしている。

1024x768_01

http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golfr.htmlLink

— posted by maddog at 10:17 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

コートジボアール

英語で「アイボリーコースト」

日本語で「象牙海岸」

言わずと知れたサッカーW杯での日本最初の対戦相手だ。

西アフリカにあるこの国にラリーチームのマネージャーとして1990年から3回行ったことがある。

NONALNUM-gqLjgqTjg5zjg6rjg7zvvJE-E

かつてここではWRC、アイボリーコーストラリーが開催されたいたのだ。

世界選手権とはいえドライバーズタイトルしかかかっていなかったので

4WDターボマシンは2-3台しかいないローカル色豊かなWRCだった。

その後、国が内紛状態になりラリーはやっていなかったようだが、

いまはアフリカラリー選手権の1戦として残っているようだ。

元フランス領だったせいで公用語はフランス語。

オイラ達は誰もフランス語なんて嗜んだことは無い。

そんなわけで結構苦労した。

警察の検問もなに言ってるかわからないし、

田舎で食べ物を手に入れるのも大変だった。

ただどこでも普通にフランスパンを売っているので

ひもじい時はそれをかじっていた。

アビジャンを出ると国土は平坦。

どこまでも人の頭を越えるぐらいの葦原の景色が続き、

クルマで移動していても退屈だった。

唯一、面白いのが、道に出てくる物売りと小動物。

たぶん食料にするためなんだろうけど、

道端で猟で捕まえたであろう動物を売ってる。

ムササビのようなヒヨケザル。

小型のシカのような動物。

大型のネズミにしか見えないアゴーチ。

スローロリス。

こんな不思議な動物を食うのかよ!というぐらい妙なものばかり。

そしてなんとセンザンコウ。漢字でかくと穿山甲。

コイツは何と生きたまま売られていた。

そしてオイラはこれを買った!

いちおう食い方、調理法を苦労して聞いた。

素焼きだそうだ。

クルクルっと丸まったところを針金で伸びないように縛って火に放り込む!

けっこう美味い、らしい。

買ったセンザンコウはラリー中、しばらくペットとして連れた歩いて、

そして最後はジャングルに逃がしてやった。

そういえばあるとき田舎の村の焚火の横にセンザンコウの甲羅らしい物体が転がっていたのを見た。

本当に食ってしまうんだ!!

ペット言えば、道をあるっていたカメレオンを捕まえて、しばらくクルマの中に放し飼いにしていた。

表情が面白く、色も変わるから写真のモデルとしてはなかなかのもんだ。

NONALNUM-gqvjg6Hjg6zjgqrjg7M5MUNJ-E

これがそのペットカメレオン。

コートジボアールは知れば知るほど不思議な国で、

首都は当時の大統領が生まれたヤムスクロというド田舎。

大統領官邸と巨大ホテルが1件。そのほかは掘立小屋ぐらいで目立つものは何もない。

官邸のまわりはワニがたくさんいるお堀。

そこに突然、鶏を投げ入れてワニに食わせるショー?を見せて小遣い稼ぎするオヤジがあらわれる。

などなど、とにかく色々なことが面白くもあり、大変でもあり、気味悪いこともあり、

妙に思い出深い国である。

さらにはオイラは原因不明の熱病にかかり、

1週間以上高熱にうなされた。

帰国して東京大学医科学研究所附属病院に緊急入院したけど

原因がわからなかった。

何とか熱は下がったから良かったようなものの、

まあしんどかった。

コートジボアールの話題はいくらでも書けるし、

写真もあるのでそのうちスキャンして

この続きを書く時があるかもしれない。

もちろん、無いかもしれない(笑)


— posted by maddog at 10:20 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0183 sec.
prev
2014.6
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30